良質な睡眠は肌のアンチエイジングになる

スキンケアを心がけている方々は、しばしば睡眠に気を使っています。睡眠の質に気を配っている方々は、とても多いです。
よく言われる事ですが、肌は睡眠の質に左右される傾向はあります。一部の方々は、十分な睡眠を確保できていないのです。睡眠の時間自体は確保できても、その質が良くない事もあります。
このため肌の状態が気になる時は、やはり睡眠の質をよくするよう心がけるべきでしょう。ちなみに睡眠は、「時間」よりも「質」の方が大切です。できるだけ質が良い睡眠を心がければ、肌の状態も良好になる傾向があります。
また睡眠の時間帯なども、1つのポイントになるのです。肌の状態は、成長ホルモンとの密接な関連性があります。そのホルモンが多く分泌される方が、総じて肌の状態も良好になりやすいのです。
ただし成長ホルモンは、時間帯との関連性もあります。基本的には、夜の時間帯に多く分泌される傾向があるのです。特に夜の22時から翌日の2時頃は、成長ホルモンの分泌量も増える傾向があります。
それが多く分泌されるか否かは、体のリラックス状態にも左右されるのです。基本的には眠っている最中の方が、多く分泌される傾向があります。ですから夜更かしなどは避けて、上記の時間帯には眠るよう心がけると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です